ご家庭に若いアスリートがいらっしゃるなら、最大限に走り、動くために求められるエネルギーを確保するために、若いアスリートたちには燃料が必要だということをよくご存知でしょう! 彼らが食べるものがエネルギー消費を支え、スポーツでのパフォーマンスを高めるために重要な役割を果たすのです。また、彼らが食べるものは健全な成長と発達を保証するためにも重要なのです。子供時代は発見と練習を行う時期でもあります。この時期にあなたがお子さんたちに伝えていく食習慣は、彼らのその後の人生にも関わる問題です。今のうちから子供たちには健康的でバリエーションに富んだ食事を教えてあげましょう!

 

 

いくつかの事実:

 

  • 思春期を迎える前は、男子と女子の必要とするエネルギー量はほぼ同一です。また、身体のサイズで比較すると、子供たちの必要とするエネルギー量は大人よりも多いのです。子供の胃は大人の胃より小さいのですが。つまり、健康的で栄養豊かな食べ物を定期的に子供たちに食べさせることが大切なのです。
  • 同じような運動をする時、若者が必要とするエネルギー量が大人よりも多いのは、一般的に、若者は大人よりも無駄な動きが多いからです。
  • 大人と違って、若者は、日常生活においても、強度の低いスポーツを行う時においても、エネルギー源として自身の脂肪に頼っています。
  • 強度の高い運動を行う時は、炭水化物も重要なエネルギー源となります。ですが、若者が身体に蓄積しているグリコーゲンは大人よりも少ない。
  • 子供たちは思春期の若者や大人に比べて体温調節機能が未発達です。体表面積の率が高く、身体の中心部から体表までの熱伝導効率が良くなく、発汗能力も低いのです。

 

 

手がかりとなるいくつかの情報:

 

  • 若いアスリートたちには、日常的に様々なバリエーションに富んだものを食べさせてあげましょう。健康的で、あまり加工されていない食品を入手するようにしてください。果物、野菜、ナッツ類が若者の食事の中心になります。これに、良質なたんぱく源を定期的に食べてもらいましょう。魚、家禽、卵、クルミ、豆類、脂肪分の少ない肉を選ぶようにし、できれば赤身の肉を控えめに摂りましょう。乳製品とその代替品からはたんぱく質と様々な栄養素が摂取できます。このような食事をすると、若者たちは同時にバランスのよい食事ができることになります。
  • 適切なエネルギー量を確保するため、1日の食事量に応じて、栄養価の高い間食も用意しましょう。
  • 子供たちの空腹・満腹のサインを尊重しましょう。子供たちが摂るべき食事量を知るには、それが最良の方法です。
  • トレーニング前の間食や食事は、炭水化物中心のものにしましょう。消化に時間がかかるものは、消化不良を起こす原因となります。
  • 若いアスリートは喉が渇いたら水を飲まなくてはなりません。それは、運動前、運動中、運動後についても言えることです。若者たちが渇きを感じたらいつでも水を飲めるようにしておいてください。
  • 甘い飲み物の量は制限するのが望ましいです。水分補給には水を優先的に飲みましょう。
  • 若いアスリートたちにスポーツ用サプリは必要ありません。成果を出すのに必要な栄養素は、バランスの取れた食事だけで賄えるのです。
  • 子供時代に味覚が発達することを忘れないでください。若いアスリートたちには、(加工食品ではなく)食べ物本来の味を楽しんでもらうとともに、新しい食品も提供しましょう。

 

以上の推奨事項を守っていたければ、若いチャンピオンたちは必要なエネルギーを得て、もっと長く走れることは間違いありません! そして、もう少しエネルギーに余裕があるなら、料理を教えてあげてはいかがでしょうか? 料理できるようになっておくことも、彼らの今後のために必要な訓練のひとつなのですから。