健康的にランニングするための項目の基本的アドバイス

リストに戻る
Arrow Icon

モチベーションを高める目標を設定する

プログラムの期間中、ずっとモチベーションを維持できるような大会や競技会を見つけましょう。作家のレス・ブラウンはこう言いました。「月を目指しなさい。たとえ月に到達できなくても、どこかの星には到達できます」

詳しい内容を調べる
Icon Medical

身体の声を聴く

怪我を予防する鍵は、筋肉、腱、骨、間接などにかかるストレスの量を正しく調節し、組織を負荷に慣れさせることです。少しずつ進めましょう! 痛みを感じたら、スピードを落とし、トレーニング強度を弱め、あるいは何日か休養してください。

詳しい内容を調べる

正しいシューズを選ぶ

履き心地が良いものであれ、そうでないものであれ、すでに履き慣れたシューズがあるなら、シューズの変更は慎重に行ってください。怪我をしておらず、パフォーマンスの向上を求めていないなら、ランニング・クリニックは慣れたシューズを変更しないことをお勧めします。ですが、シューズの重量はパフォーマンスを決定するとても重要な要因であることを知っておいてください。マラソンでは、1グラムの違いが数秒の差につながります!

詳しい内容を調べる

リズムを作る

怪我のリスクを軽減し、タイムを向上させるには、小さな歩幅(毎分170歩)で走りましょう。大股で走ることは絶対にやめてください。大股ならより速く走れるわけではありません。ご注意を。

詳しい内容を調べる

頻繁に走る!

週に4回から6回走るほうが、週2、3回走るよりも怪我をしにくいことをご存知ですか? 身体を強くし、ランニングのような複雑な動作を身に付けるには、繰り返すことが必要です。

詳しい内容を調べる

路面に変化をもたせる

炎症系の怪我(腱炎、滑液包炎、筋膜炎など)の発生リスクは、同じ動きを常に繰り返さないようにすると軽減されます。路面に変化をもたせることで、身体の動きに変化が生まれ、怪我が減ります。ですが、新しい路面を走り始める時はゆっくりと慣らしていってください。

詳しい内容を調べる

バイオメカニクスを洗練させる

ミニマリスト・シューズを履き、毎分180歩に近いピッチで走っており、なおかつ、着地時に大きな音を立てていないなら、あなたはきっと正しい走り方をしています!


もっと効率をよくし、もっと早く上達したいなら、少しずつ速度を上げ、教育的ツールも使ってみてください!

詳しい内容を調べる

弱点をカバーする

裸足で走ることは、身体を強くし、怪我のリスクを下げる有効な方法のひとつです。そのためには、安全でしっかりとした路面を選び、毎週1分ずつ時間を延ばしていきましょう。他の強化エクササイズを行っても構いません。

詳しい内容を調べる

身体を柔軟にする

 

もともと体が硬い場合とトレーニングにブランクがある場合のみ、柔軟性を高めるエクササイズを行います。週に何度か、夜の就寝前に、脚の大きな筋肉に対して、30秒を1セットとして1~3セットの短い柔軟運動を行っても構いません。

詳しい内容を調べる

周囲を巻き込む

気をつけて! ランニングは情熱を傾ける対象となります。何週間か続けたら、あなたはランニング中毒になり、周囲の人たちみんなにランニングを始めるように勧めてしまいます。さあ、走りましょう!

詳しい内容を調べる