リストに戻る

 

複数の調査によると、トレーニング回数が少ないと筋骨格系の怪我のリスクが高まることが分かりました。大半の組織は繰り返し起こる小さな刺激に対してよりよく反応するのです。刺激の回数が多いほど適応プロセスが活性化し、バイオメカニクスの学習が容易になります。言い換えると、短い距離であっても頻繁に走るほうが望ましいのです。

 

インスピレーションのために、ここにランニング映画の名作のひとつ『フォレスト・ガンプ』の抜粋を用意しました。愛すべきフォレストにならって、チョコレートの箱のような人生をもっとおいしく味わうために走りましょう!