リストに戻る

 

科学的研究は、とても興味深いコンセプトを示しています。まず、様々な路面の硬さ、不規則性、高低差のおかげで、様々なランニング技術が可能になるということです。ロード、トラック、トレッドミルのような平らな路面では、毎回同じ動作の繰り返しを余儀なくされます。こうした単調な動きは、結果として、同じバイオメカニクス上の誤りを繰り返すことにつながります。軟らかい路面と硬い路面を比べた場合、前者を走っても、身体が慣れていれば、怪我のリスクは高まりません。

 

他方、天然の不規則な路面からもたらされる変化に富んだバイオメカニクスは組織にかかるストレスにも変化を与え、そのことで疲労による怪我のリスクが軽減されます。好ましいのはクロスカントリーのコースです。硬く不規則な路面は下肢の動きの幅を広げます。また、動かす身体の部位が増え、適応力がより高まります!